メルセデス・ベンツ CLKクラス ヘッドライト 黄ばみ

メルセデス・ベンツ CLKクラス ヘッドライト黄ばみ

メルセデス・ベンツ CLKクラスと言えば、ミドルクラスのクーペモデルです。
現在のEクラス クーペの前身モデル

 

2000年前後に発売されましたが、現在でも丁寧に乗られている方は多くおられます。

 

ヘッドライトデザインはとても大きく4灯式のため、ヘッドライト黄ばみが多発しているモデルでもあります。

 

こちらは黄ばみではなく、曇り全開です

 

このような曇りや黄ばみになると、市販品では太刀打ちできません。
かと言ってポリッシャーで磨くのは危険です。

 

中古車としての価格はお手頃になっていますが、ベンツ部品は高いので専用のクリーナーで除去しましょう。

 

黄ばむとこんな感じ

 

丁寧に除去するとこんな感じ

 

見違えるほどキラキラに復元できます。

 

復元できると

 

 

 

 

ヘッドライトの明かりが増します。

 

2000年〜20010年頃に発売された高級車メルセデス・ベンツのヘッドライト
の黄ばみ・曇り率は非常に高くになっていますので、専用コーディング剤
黄ばみを除去し、新品のキラツヤを復元して下さい。


 
ホーム 黄ばみ除去 黄ばむ理由 コーティング ガラスコーティング 実績